大阪の管楽器の販売・修理はいずみ楽器にお任せください。

大阪南部の管楽器専門店 いずみ楽器 HOME
忠岡店 店舗情報

HOME > 修理情報

2016年11月29日クラリネットの修理にお邪魔しています!

こんにちは!!スタッフの岡田です(^-^*)

学生さんがテスト期間で修理の楽器がたくさん来ていましたね。
特に多いのはやはり木管楽器の修理!!

今回はクラリネットの修理を少し紹介いたします。
fullsizer1

バラバラの状態のキイたちですね。
今回モデルの楽器はキイの磨きもするので手前のキイがきれいな状態ですわーい (嬉しい顔)
現在ほかのキイを磨いております。

その後、オイルを一度ですべてふき取り、劣化しているコルク等がないか。といったことはこの時点でチェックしています。

fullsizer2

この楽器はこちらのタンポが劣化して交換が必要でしたので交換いたします。
真ん中部分が破れてしまっていますね冷や汗 (顔)

これを新品のタンポに交換です!!!

substanda3

ピカピカぴかぴか (新しい)
新しいタンポでちゃんとトーンホールが閉まるように調整して、タンポ交換修理は完了です。
交換修理はやはり見た目も変わるのでわかりやすいのですが、
メンテナンス調整は微妙はバランス、コルクの厚み等と変えているのでなかなか紹介しにくいですねもうやだ〜 (悲しい顔)

タンポは破れる前に交換をオススメいたします!!あなたの楽器のタンポ!茶色くなっていませんか??
また、楽器屋さんに3年以上出していない!!という方も
一度楽器屋さんで見てもらった方がきっと吹きやすくなりますよウィンク

ページトップへ

2015年2月4日オーバーホールのクラリネットが完成!!

こんにちは!!スタッフの岡田です(^-^*)

あっという間に2月!お正月からもう1か月たったんですね…!
早いものです。

実は先日からtwitterやFacebookの方で時々更新していたのですが、
昨日、オーバーホールのクラリネットが完成致しました!!うれしい顔

cs-oh-1

楽器はYAMAHAのCustom CS(YCL-852Ⅱ)で、
キイのメッキはなんとシャンパンゴールドメッキですぴかぴか (新しい)
CustomシリーズはYAMAHAのクラリネットではかなり人気の方番で、
経験者の方ででもしっかりなってくれる楽器です。
メッキの色も、金メッキよりも落ち着いた色合いなので他の人とは違う楽器を…!!と考えられている方にも
おススメですわーい (嬉しい顔)

TwitterやFacebookに投稿していた写真がこちら。

8SubstandardFullSizeRender
キイはもちろん、キイポストもメッキをかけたので1つずつはめていきます。

57SubstandardFullSizeRender
キイがついたら完成!!ではありません。タンポがないと音が出ません泣き顔

4SubstandardFullSizeRender

75SubstandardFullSizeRender
完成です晴れ

すべていずみ楽器のスタッフが組み立てて、タンポも入れて最終チェックまでやっています。
基本的にどんな楽器でもオーバーホールをすれば新品に近い形に生まれ変わります。
ですが見た目が良くなる。ということと、いい音が出る。というのは違いますのでご注意を。

オンラインショップはこちらから→【中古・オーバーホール品】YAMAHA Custom CS(YCL-852Ⅱ)

ページトップへ

2014年8月4日修理サイトがオープンしました!

こんにちは!!スタッフの岡田です(^-^*)

この度当店では、管楽器修理に特化したサイトを作成いたしました。
修理例や、修理に関するQ&Aなどはこちらでどんどん更新して行きたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

いずみ楽器 管楽器修理工房

新しいサイトでは修理について写真付きで細かい部分まで掲載いたしております。
修理金額もご参考下さい。
当店が修理について大事にしていること、
工房についての紹介もさせていただいております。

DSC09534

また、遠方のお客様からは楽器を発送する際の梱包方法などもよくお問い合わせいただいておりましたので
そちらも写真付きで紹介いたしております。

SONY DSC

修理以外のお手入れについてなど、お客様からのリクエストにもどんどん答えていこうと思っておりますので
お気軽にご連絡、お問い合わせください。

今後もいずみ楽器をよろしくお願いいたします。

ページトップへ

2014年6月16日オンラインショップ更新です!

こんにちは!!スタッフの岡田です(^-^*)

コンクールまであと1カ月半となりました!
やっと曲が決まったと聞く学校もあれば、
まだ変わるかも。。。といった色々な状況を耳にします。
なんにせよ、皆さん精一杯の演奏をしてほしいと思っています。るんるん (音符)

さてさて、実は先日からTwitter等で写真のアップはしていたのですが、
昨日やっと当店のオンラインショップの更新が完了しましたのでお知らせします!

こちら!!
DSC09937
RC-SG-2
あのクランポンのRCをキイ全部シャンパンゴールドメッキにしました!
オーバーホールしていますのでタンポはもちろん、バネ、コルク等も新品ですよぴかぴか (新しい)
今どんどん定価が上がっており、50万越えのRC。
クランポンは6月に定価が上がっていますが、まだ今後も上がると思われます。
今回は25万円でのご用意です!!!もちろんケースついてきますよ!目

金メッキではなく、シャンパンの金色のメッキなのでそこまで派手ではありません。
意外と銀メッキの楽器と並べても違和感がありませんでした。(笑)
RC-SG-4
オンラインショップはこちらから。
【中古・オーバーホール品】Buffet Crampon RC

その他、オンラインショップの在庫は店頭の在庫も表示致しております。
在庫がある場合は【在庫: 店頭に1点在庫がございます。】となっております。
今すぐ吹いてみたい!でも問合せをするタイミングがない。。。という方でも見ていただける事が出来ます。
是非ご覧ください。
いずみ楽器オンラインショップ

もちろん上記記載のクランポンのRCも試奏して頂けます!
次シャンパンゴールドのオーバーホールをするのはいつになるかわからないので
見に来るだけでも大丈夫です(笑)
もちろんお客様の楽器で注文があればシャンパンゴールドメッキでオーバーホールもできますよわーい (嬉しい顔)
お気軽にお問合わせ下さい。

ページトップへ

2014年4月21日オーバーホールが終了しました!

こんにちは!!スタッフの岡田です(^-^*)

4月も中旬なのに大阪はまだまだ寒いです。。。がく〜 (落胆した顔)
未だにヒー〇テックのタイツをはいています(笑)

そんな中、以前から少しずつ作業をしていましたクラリネットのオーバーホールが終了しました!!わーい (嬉しい顔)
ピカピカです!

DSC09849

メーカーはクラリネットでは大変有名なBuffet Crampon(ビュッフェクランポン)、
型番は現在は製造が終了しているS-1になります。
使用されている木材の質が良く、当時高級機種として販売されていました。
ちゃんとS-1という文字が残っています!目

DSC09867

以前も2本クラリネットをオーバーホールしましたが、
今回も同じくキイを銀メッキ、キイポストをピンクゴールドメッキにしました!
ピンクが派手すぎず、落ち着いた色合いなのでとてもおしゃれな仕上がりになりましたぴかぴか (新しい)

いずみ楽器のオンラインショップでは
マウスピース、リガチャーもついたセットの販売(210,000円)と、
楽器のみ(200,000円)の2パターンで販売致しております。
マウスピースをお持ちでない方、入部祝いに贈り物をとお考えの方にはセットの方がお勧めです。

この機会にいかがでしょうか??

オンラインショップはこちらから
【中古・オーバーホール品】Buffet Crampon S-1 マウスピース、リガチャー付きセット
【中古・オーバーホール品】Buffet Crampon S-1

ページトップへ

2013年12月25日オーバーホール完成!

こんばんわ!
クリスマスの夜いかがお過ごしでしょうか?植月です。

僕はもちろん仕事をしております!
現在進行形でw

今年もあと一週間もしないうちに終わってしまいますね・・・
う~ん・・・
やり残したことがたくさんあるきが・・・しますが、
あと一週間がんばっていきます!

さてさて、
12月8日にアップしましたブログの、
クラリネットですが、
こつこつと営業の合間にしておりまして、、、
やっと完成致しました!

あれからの内容としましては・・・
バネをつけて、
コルクをつけて、
タンポをつけて、
キィをつけてという事なんですが、
すみません!!
写真を撮るのを忘れました(-_-;)
ごめんなさい。

さてさて、
2本のR13を同じようにポストピンクゴールドメッキで、
キィ銀メッキにしましたが、
2本の大きな違いとしましては、
タンポです!
1本には当店でもよく使いますHTパッドという
フェルトがしっかりした物を使いました。
もう1本には、
ホント最近新製品で出た、
PROCLSというタンポをいれてみました!
こんな感じのタンポです!
タンポ
通常台紙といわれる厚紙を使用するのですが、
このタンポはプラスティックを使用しており、
フェルトの周りも囲んで、
しっかりとした感じのタンポです。
今回試しにいれてみましたが、
音色的にははっきりとした感じになりました。
寿命などは出たばかりで未知数なので、
これからも少しづつ試してみたいと思います。

ちなみに完成した楽器の感じはこんな感じになりました。
R13

商品販売ページはこちらからご覧下さい!
販売価格は2本とも210,000円です。
是非是非ご覧下さい。

ページトップへ

2013年12月8日オーバーホール中・・・

こんばんは!
徳島ヴォルティスがJ1昇格プレーオフを
京都サンガF.C.と本日試合をし、
2-0で勝利!!
来季から徳島ヴォルティスが四国初のJ1リーグを戦うことににあり、
郷土愛が強い僕にとってテンションが上がるニュースを聞き、
テンションマックスでブログを書いています植月ですw

さて、今日は、何を書くかと言いますと、
現在中古商品をオーバーホールをしています。
その途中経過を・・・

現在オーバーホールを行っている楽器は
B♭クラリネットを4本と
S.Sax.にTp.を行っています。

B♭クラリネットは
R13にRC・S1です。
R13は2本ありますが、両方ともポストピンクゴールドメッキ・キィ銀メッキの予定です。
RCは何メッキにするか検討中です・・・
S1はR13と同じくポストピンクゴールド・キィ銀メッキです。

と言うことで、
今日はB♭クラの状態を見てみましょう?w
最初の状態はこんな感じです。
最初
R13のキィをすべて研磨をし、
メッキやさんに送りました。
帰ってきた状態がこちら!
キィ1
ぴかぴか!って感じですよね!
メッキを新しくかけたら、楽器は簡単に組み上がらない(=_=)
楽器としてはまだ未完製・・・(ノД`)
なので、ポストが楽器に付く様にまずしていきます・・・
で、取り付けたのがこちら!
ポスト
ポストがとりつきました!
あっ!ジョイントコルクが付いていない・・・
と言うことで、
ここから、ひと手間もふた手間もかけて良くなる楽器に仕上げていきたいと思います。
今日はここまでです。
次回は完成後にアップしていきたいと思います。
S.Sax.やTp.も乞うご期待!!

ページトップへ

2013年9月8日チューバカスタマイズ!

こんにちは
リペア担当の植月です。

今朝、2020年のオリンピック開催が日本の東京で行われることが決まりましたね!
7年後には東京でオリンピック開催・・・
大阪などでも聖火は走るのでしょうか?
気になりますね~
7年後には僕はいいおじさまになれているのでしょうか?w

さてさて、
今日はTuba.のカスタマイズをしましたので、
ご紹介してみたいと思います。

今回行ったのは・・・
JupiterのCCテューバにブラックニッケルメッキを!
と言うことを行いました。
この楽器ですw

残念ながら、メッキ屋などの都合で楽器全体に施すことができませんでした(ノД`)

しかし!

マウスパイプ・抜き差し管・ボトムキャップなどにブラックニッケルメッキをしてみましたよ!

こんな感じになりましたw


かっこよくないですか?

これをくみ上げていくと・・・



イカツクなりました!

音も前より重厚感がある感じになりました。

こんなカスタムもたま~にしてます。

人とは違う見た目!音色にしたい方はご相談ください!
価格はいい値段しますw

ページトップへ

2013年7月16日ラックカイガラムシ

こんにちは!田中です!\(^o^)/

みなさんタンポが何で着けられているか知っていますか?ペン

実は、下の写真のような棒を溶かしてくっつけていますぴかぴか (新しい)

この接着剤はラックと呼ばれていて、
ラックカイガラムシという虫が体から分泌する液体で作られています。
ラックカイガラムシとネット検索すると沢山画像が出てくるので、
気になる人は検索してみて下さい。。

この液体は、塗料や染料、食品ではレモンの表面・チョコレートなどの光沢剤に使われています。
初めて聞いた時は「この虫の液体が・・・」と思うと鳥肌でした。。冷や汗 (顔)
でもいろんなところで活躍しているみたいですよレンチ
こんなに人類に貢献している虫は見た事が無いです。

 
このラックは、楽器本体のラッカーが焦げたり、
メッキが変色する温度よりも低い温度で溶ける、という性質があります。
そのため、ラックを使う事で、楽器本体を傷めずに、タンポの交換や微調整ができるのです。

ただ、学校などの楽器を修理していると、
ごくたまに瞬間接着剤で止められている恐ろしいものがあります。
瞬間接着剤で止めてしまうと温めても取れない、
取るためにはキイが傷つく可能性が大幅にアップ、
つまり、楽器に大変良くない。ということです。

応急処置として、自分で適当に瞬間接着剤でくっつけてしまう人もいますが、
瞬間接着剤だと微調整もできないので絶対にしないで下さい。

今回は、何種類か色や形の違うラックの写真を載せていますが、
メーカーによって使われているラックが違います。

茶色いラックは固まると非常に硬く、タンポに当たる音の跳ね返りが強くなるので、
はっきりとした輪郭の音色になります。
逆に透明のラックだと、固まると柔らかく、丸みのある優しい音色になります。

当店では、数種類のラックを準備していますので、
全タンポ交換を行う際には、ご希望のラックを指定していただくこともできます。

タンポ交換を行うと、吹奏感が変わった、音色が変わったと感じられる方も多いですが、
ラックを別の物に変えることでも、新しい音色を楽しめます。

面白いですよねうれしい顔
全タンポ交換の際に、違うラックを使いたい場合は店員にお申し付けください!

ページトップへ

2013年7月14日ケース修理

こんにちは!
リペア担当の植月です。

大阪南地区大会まで2週間をきり、
どこの学校もがんばっていらっしゃいます。

僕たちはがんばっている生徒さんたちにできる限りのサポートをし、
100%で舞台に立ってもらえるようにがんばります。

今日はケースの修理について書いてみます。

皆さんはどんなケースをお使いでしょうか?
楽器に付いていたケースですか?
それとも別売りのケースですか?
最近様々なケースが出ており、
すごいおしゃれな物もたくさんありますね!

今日は学校でしようされている、
YAMAHAのB.Sax.の純正ケースを修理いたしました。
このケースはとても古く、
ケースの真ん中にしか取っ手が無く、
片手で持つのもたいへんで、
最近持っていると、
取っ手が割れてしまった。
と言うことで、
こんな感じになってしまっていました。

そこで、最近のケースは真ん中のほかにも、
サイドにも取ってがありますので、
今回は、サイドに取っ手をつけ、
持ち運びしやすい様にしました。

真ん中は予算の都合上そのままにしました。


この取ってはYAMAHAの現行機種の物と同じ物です。

取っての位置は、
計算し、持ちやすい物用に致しました。

こんな修理もたまにやっています。

今日はケースの取っ手修理について書きました~。

ページトップへ
次のページへ »
PAGETOP